【Canon】コンデジPowerShot SX720 HS使用レビュー

この記事は約4分で読めます。

野鳥観察に出掛けることが増えたので、写真を撮ってみようと思いました。

でもスマホじゃ遠くて鳥が撮れない…

ということで、

光学40倍ズームで撮影できるCanonのコンパクトデジタルカメラPowerShot SX720 HSを購入しました。

小さくて持ち運びやすいのに、ハイズームなデジタルカメラです。

実際に撮った写真を紹介します。

スポンサーリンク

野鳥の撮影

ズームなしではこちらが・・・

40倍ズームでここまで大きく!

40倍ズームすごい!

こんなに寄れる!!

スポンサーリンク

月の撮影

40倍だと少し小さめです。でもクレーターが撮れます。

64倍だとこんな感じです。

キヤノンPowerShot SX720 HSの良いところ

キヤノン:PowerShot SX720 HS|概要
コンパクトデジタルカメラPowerShot SX720 HSの概要をご紹介しているページです。

光学40倍、最大160倍までズームできる

光学40倍はすっごいです。

肉眼ではっきり見えないものも撮影できます。

PowerShot SX720 HSはプログレッシブファインズームという機能で、画質がきれいなまま光学40倍をさらに拡大できます。

撮影サイズによって80~160倍まで拡大できます。

ポケットに入る大きさ

比較対象:iPhoneSE第2世代
比較対象:iPhoneSE第2世代

重さ270g、レンズは収納されコンパクトです。

ズボンのポケットは無理ですが、ジャケットやコーのポケットに入る大きさです。

手にした時の重さは、見た目よりズシっと重く感じると思います。

機能をぎゅーーーっと詰め込んでいる感じです。

3万円台買える

価格が33,000円(税込)(2021年12月Amazon価格)と、買いやすい価格です。

人気のシリーズなので中古も多く販売されています。

中古だと2万円台で購入できるようです。

(参考) PowerShot SX740 HSの価格

SX720の後継機のSX740は5万円近い価格で販売されています。

SX740は画面がチルトで動かせるメリットもありますので、予算に余裕がある方はそちらもご検討ください。

Wi-Fiでデータ転送できる

Wi-FiやBluetoothでのデータ転送は最近のデジカメでは標準装備になっています。

キヤノンPowerShot SX720 HS もWi-Fi転送機能があります。

メモリーカードを取り出さずに、スマホやタブレットに転送して写真を確認できるのは便利です。

キヤノンPowerShot SX720 HSのイマイチなところ

一眼レフのように背景がボケない

スマホで撮った写真のように、全体的にはっきりとした写真になります。

悪くはないのですが、背景がボケたような写真は撮るのが難しいです。

一眼レフの方が良い写真が撮れます。

でも、ミラーレス一眼レフだと、カメラの体積と重さが倍に、価格も倍になりますので、どちらが自分のスタイルに合っているかお考え下さい。

良い写真が撮れたとしても、持ち歩くのが面倒になったら本末転倒です。

一緒に連れて歩けるカメラを選んでください。

うちの夫はミラーレス一眼を使っています。

子どもを連れてる時に一眼レフは重くて大きくて、私には無理でした

まとめ

スマホだけではズームが物足りない人に キャノンのPowerShot SXシリーズがおススメです。

その中でも2021年12月で購入しやすいのはSX720です。

撮影例で紹介した野鳥や月だけではなく、お子さんの思い出もしっかり残せます。

発表会等で、子どもが舞台が少し遠くても撮影できるので頼もしいです。

驚異の40倍ズームで撮影を楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました