Apple pencilのコツコツ音解消して書きやすくする方法

この記事は約4分で読めます。

先日iPad(第7世代)とApple pencilを購入しました。

一番の目的は、お絵かきをすることなのですが、そのまま使うとコツコツ音が気になります。

また不慣れなせいか、絵を描くにもペン先が滑ってしまい、好みの線が引けなくて、困っていました。

コツコツ音を無くして、なおかつ、描きやすい方法を見つけました!

スポンサーリンク

ペン先にシリコンキャップを付ける

Apple pencilのペン先にシリコンキャップ(シリコンカバー)装着で、コツコツ音はなくなりました!

ペン先カバーは、Apple Pencil ペン先 保護カバー シリコン製 Apple Pencil 第1/2世代適用 滑り止め 取り付け簡単 摩耗を防ぐ 6枚セット Grayを使っています。

色は破れた時に発見しやすいように、グレイを使っています。(6個入りで550円

追記

久々に購入しようと思って調べていたら、大容量パックが出来ていました!(2021年8月)

Amazon.co.jp: Delidigi 40 パック ペン先 プロテクター カバー シリコンチップキャップアクセサリーApple Pencil 第1世代 および 第2世代 と互換性があります (パープル+グリーン+オレンジ+レッド) : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: Delidigi 40 パック ペン先 プロテクター カバー シリコンチップキャップアクセサリーApple Pencil 第1世代 および 第2世代 と互換性があります (パープル+グリーン+オレンジ+レッド) : パソコン・周辺機器
スポンサーリンク

シリコンキャップのメリット

安い

まずは値段。シリコンキャップは安いです。

1個あたり100円以下で購入できます。

Amazonで2021年8月調べで、一番安いものでは25円/個の商品までありました!

シリコンキャップを付けるか、替え芯にする(ペン先そのものを交換する)かを悩んだのですが、替え芯だと1つ300~500円程度します。

しかも、替え芯も摩耗して交換が必要になる。交換したところで、コツコツ音がしない保証もない。

ということで、シリコンキャップにしました。

かきやすい

字も書きやすく、絵も描きやすくなりました。

私が使っているiPadの保護フィルムがツルツルなのもあってか、シリコンキャップが無いと書きにくかったのですが、書きやすくなりました。

シリコンで抵抗が増えた結果だと思います。

画面がきれいに見えるフィルムが使える

こちらは、画面の問題です。

iPadに皆さんも保護フィルムを貼っていると思いますが、どんなものを使っていますか?

書きやすさを重視する方々は、「ペーパーライクフィルム」を貼っているそうですが、ペーパーライクフィルムは画面がくすみます。

書きやすさか、美しさか。

私は、画面の美しさ重視なので、ペーパーライクフィルムは貼りたくなかったので、ペンをどうにかする方を選びました。

ペン先の摩耗を抑えられる

Apple pencilのペン先は消耗品です。

使っていると、ペン先の表面から金属部分が出てきて、そうなると交換するしかありません。

詳細は下記のサイトにあります。

アップルペンシル【ペン先の寿命はどのくらい?】実際に6ヶ月使って分かった交換時期を調査
アップルペンシルのペン先(チップ)には寿命があります。 日々の使用でペン先が削れ、鉄芯が見えてしまったらペン先 ...

でも、シリコンキャップがペン先をカバーしてくれるので、大丈夫!

ペン先の消耗を減らせます!

ちなみに純正品のペン先は1つ550円(税込み)です。4個入りでAppleストアにありました。

Amazon.co.jp: Delidigi 40 パック ペン先 プロテクター カバー シリコンチップキャップアクセサリーApple Pencil 第1世代 および 第2世代 と互換性があります (パープル+グリーン+オレンジ+レッド) : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: Delidigi 40 パック ペン先 プロテクター カバー シリコンチップキャップアクセサリーApple Pencil 第1世代 および 第2世代 と互換性があります (パープル+グリーン+オレンジ+レッド) : パソコン・周辺機器

シリコンキャップの気になること

気づかないうちに取れて無くす

家の中で使っている分には問題ないのですが、カバンに入れて持ち歩いていると、キャップが取れてしまうことが多々ありました。

小さいペン先なので、カバンの底にあると探すのが大変・・・

マスキングテープを貼って紛失予防!!

ペン本体とキャップの境目にマスキングテープ貼り、固定することにしました。

見た目はイマイチですけど、効果は抜群。

なにせ、テープの粘着力でくっつけていますから。

スプレー糊してキャップをしているというのもネットで見かけましたが、キャップが破れて交換するときに面倒そうなので、はがしやすいマスキングテープでとめています。

画面との距離

特に細かい線で描く人は、キャップにより画面とペン先に距離が出来て気になるそうです。

でも、私は気になりませんでした。

そもそも使っているiPadも、iPad ProではなくノーマルのiPadですし、液タブやiPadでの絵を描くのが初めてだから、受け入れられたのだと思います。

耐久性

耐久性はそれなりです。見た目の厚み程度の耐久性です。

強い力でガシガシ書いていると、破れます。筆圧程々が良いです。

少し気にかけて使っている分には、問題ありません。

半年使って、3つ破れました。不安な人はケースのまま持ち歩きましょう。

まとめ

Apple pencilのペン先カバーのシリコンキャップを使い始めてから、とっても快適です。

人がたくさんいる会議室や飲食店で使っても、音が出ないので気にせず使えます。

しかも、程よい抵抗で書きやすい。画面はきれいなので、絵を描く時もノーストレスで作業が出来ます。

Apple pencilの書き味、コツコツ音にお悩みの方は、シリコンキャップをお試しくださいね。

Amazon.co.jp: Delidigi 40 パック ペン先 プロテクター カバー シリコンチップキャップアクセサリーApple Pencil 第1世代 および 第2世代 と互換性があります (パープル+グリーン+オレンジ+レッド) : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: Delidigi 40 パック ペン先 プロテクター カバー シリコンチップキャップアクセサリーApple Pencil 第1世代 および 第2世代 と互換性があります (パープル+グリーン+オレンジ+レッド) : パソコン・周辺機器
タイトルとURLをコピーしました